いろいろな視力回復方法最新の記事

ICLでの視力回復手術

眼球内にレンズを挿入し、視力回復する方法としてICLという治療があります。同じような治療法で、フェイキックIOLがありますが、ICLの視力回復方法は日本での認可が下りていないため、フェイキックIOLのほうが知られている治療となっています。

ICLでの視力回復はフェイキックIOL同様、レンズの挿入が行われますが、挿入の位置が変わってきます。フェイキックIOLが虹彩と角膜の間に挿入するのに対し、ICLは虹彩と水晶体の間へ挿入し、視力回復させる方法になります。

挿入するレンズは折りたたんで入る素材のため、挿入口が小さくても大丈夫と言うことが特徴となっています。傷口が小さく済むため縫合の必要もなく、フェイキックIOLのように片目ずつの視力回復手術ということはありません。ICLでの視力回復に何らかの問題が発生した場合でも、レンズを取り除くことで元の状態に戻せるのもメリットと言えるでしょう。

レーシックの視力回復手術後は光が眩しく感じたり、夜間見にくいなどの現象が起きますが、ICLの場合は角膜を削らない為そのような影響はありません。強度の近視でレーシックが受けられない人も、レンズを挿入するだけのICLでの視力回復は可能となっています。
フェイキックIOL同様、ICLも医師の技量が大変重要になる視力回復手術ですので、クリニック選びは慎重に行いましょう。

 

 骨伝導ヘッドフォン  解雇予告手当  クラゲよけローション

いろいろな視力回復方法について

強度の近視でレーシックが受けられない人も、レンズを挿入するだけのICLでの視力回復は可能となっています。
カテゴリー
更新履歴
ICLでの視力回復手術(2009年10月10日)
PRKでの視力回復方法(2009年10月10日)
ウェーブフロントレーシックでの視力回復(2009年10月10日)
エピレーシックでの視力回復手術(2009年10月10日)
オルソケラトロジーでの視力回復方法(2009年10月10日)