-いろいろな視力回復方法

2009年10月アーカイブ

眼球内にレンズを挿入し、視力回復する方法としてICLという治療があります。同じような治療法で、フェイキックIOLがありますが、ICLの視力回復方法は日本での認可が下りていないため、フェイキックIOLのほうが知られている治療となっています。

ICLでの視力回復はフェイキックIOL同様、レンズの挿入が行われますが、挿入の位置が変わってきます。フェイキックIOLが虹彩と角膜の間に挿入するのに対し、ICLは虹彩と水晶体の間へ挿入し、視力回復させる方法になります。

挿入するレンズは折りたたんで入る素材のため、挿入口が小さくても大丈夫と言うことが特徴となっています。傷口が小さく済むため縫合の必要もなく、フェイキックIOLのように片目ずつの視力回復手術ということはありません。ICLでの視力回復に何らかの問題が発生した場合でも、レンズを取り除くことで元の状態に戻せるのもメリットと言えるでしょう。

レーシックの視力回復手術後は光が眩しく感じたり、夜間見にくいなどの現象が起きますが、ICLの場合は角膜を削らない為そのような影響はありません。強度の近視でレーシックが受けられない人も、レンズを挿入するだけのICLでの視力回復は可能となっています。
フェイキックIOL同様、ICLも医師の技量が大変重要になる視力回復手術ですので、クリニック選びは慎重に行いましょう。

 

 骨伝導ヘッドフォン  解雇予告手当  クラゲよけローション

視力回復手術でレーシックと呼ばれる治療方法は、一般的にレーザーを使った手術の事を言います。PRKと呼ばれる視力回復もレーザーを使用しますが、レーシックで作られるフラップなどの作成はせずに矯正を行う方法になります。PRKはレーザーを使用するため、レーシックと分類される場合もありますが、クリニックによっては別の視力回復方法とされている場合もあります。

PRKでの視力回復方法は、角膜上皮を除去してレーザー治療を行う場合と、角膜上皮も一緒にレーザー治療を行う場合の2通りがあります。どちらの方法でPRKでの視力回復が行われるかは、医師と患者の判断となります。その後の治療は両方とも同じになり、エキシマレーザーによって角膜を削り、視力回復の為の矯正をしていきます。

レーシックと呼ばれる視力回復の場合、この後にフラップを作成するのですが、PRKはコンタクトレンズの装着を行います。角膜上皮が完全に再生されるまでコンタクトの装着が必要で、4日間から1週間ほどかかります。

PRKはフラップを作成する視力回復に比べ、視界が良くなるといったメリットがあります。PRKは昔の視力回復方法と思われがちですが、エキシマレーザーの進歩と同じように、治療の精度も高くなっています。

 

 週末頭痛  キタカ  マタニティマーク

視力回復手術に、ウェーブフロントレーシックという方法があります。一般に呼ばれるレーシックと同じような視力回復手術なのですが、見え方がとてもクリアでハッキリと見えるようになるのが特徴です。

ウェーブフロントアナライザーという機器で眼の中のゆがみを解析してから、レーザー照射をするといった方法になります。ゆがみを無くすことで、にじんで見えたり、ぼやけて見えていた事が改善され、クリアな視界になるのです。

ウェーブフロントレーシックは個人個人の眼の状況に合わせて視力回復を行うという、オーダーメイドのような手術になります。ウェーブフロントレーシックでクリアな視界になりたい人でも、適応の有無を調べる検査の結果、必要がないと判断される場合もあるようです。

ウェーブフロントレーシックは視力回復手術のオプションのような感じなので、普通のレーシックやイントラレーシックと組み合わせて行う手術になっています。自分がウェーブフロントレーシックを受けた方が良いかどうかは、医師に確認し検査してもらう必要があります。

今まで出来なかった細かな不正乱視などの視力回復も期待でき、夜間瞳孔径の大きい人や、乱視が強い人にも対応できる方法とされます。

 

 化粧水  ニキビ  速攻で痩せるダイエット法

レーシックでの視力回復手術は、角膜の厚さが足りなかったり、眼に衝撃を受ける可能性のあるスポーツ選手などは受けることが出来ませんでした。しかし、エピレーシックという視力回復手術はそのような人たちでも受けられる方法になっています。

エピレーシックでの視力回復手術の特徴としては、フラップと呼ばれるフタを通常より薄く作成する事が出来ることです。エピレーシックで使用されるエピケラトームという機器によって、通常より薄いフラップを角膜上皮に作成します。

眼に衝撃を受けるスポーツ選手などが、この視力回復手術を受けられる理由としては、角膜上皮に作成されたフラップ自体が消失するため、ずれるという心配が無いからです。
エピレーシックはフラップがずれる心配もなく、角膜が薄くても視力回復が可能な手術ですが、術後に専用のコンタクトレンズを使用するというデメリットがあります。消失したフラップ部分に角膜上皮が完全に再生するまでの期間ですが、1週間程度は装着する必要があります。普通のレーシックに比べ、視力回復手術後の痛みがある場合が多く、眩しさを感じる事もあります。

エピレーシックは視力回復手術後に多少のデメリットがありますが、レーシックを受けたくても受けられなかった人には画期的な方法になっています。

 

 顔のたるみを解消  肌荒れの対策  髪の傷み

オルソケラトロジーと呼ばれる視力回復は、寝ている間に治療が行われるという方法になります。コンタクトレンズを使用し、視力回復を行うのですが、通常なら生活している間に装着するレンズを、寝る時に装着する点が特徴になっています。

レーシックなどの視力回復手術はレーザー治療によって矯正するのに対し、オルソケラトロジーはレンズの形状に角膜を合わせて矯正するといった方法になります。寝ている間にレンズを装着し、角膜に圧力をかけて視力回復を図るという治療なので、少なくても6時間の睡眠が必要とされます。オルソケラトロジーでの視力回復にはある程度の時間がかかり、最初の内は短時間しか矯正の効果が持ちませんが、続けていくうちに効果が持続し、一定の視力が保たれるようになります。一定の視力回復が保たれれば、レンズの装着をする必要もなくなります。

レーシックなどの視力回復手術と違い、オルソケラトロジーは眼にキズを付ける事はないため、感染症や副作用と言った心配もありません。しかし一般のコンタクトレンズ同様、不衛生にしていたり、正しい装着をしていないと、角膜炎などを起こす可能性もあるので注意が必要です。オルソケラトロジーは医師の指示に従い正しく装着していれば、とても危険性の少ない視力回復方法となっています。

 

 簡単ダイエット  顔の脱毛  増毛・育毛
カテゴリー
更新履歴
ICLでの視力回復手術(2009年10月10日)
PRKでの視力回復方法(2009年10月10日)
ウェーブフロントレーシックでの視力回復(2009年10月10日)
エピレーシックでの視力回復手術(2009年10月10日)
オルソケラトロジーでの視力回復方法(2009年10月10日)
カテゴリー
更新履歴
ICLでの視力回復手術(2009年10月10日)
PRKでの視力回復方法(2009年10月10日)
ウェーブフロントレーシックでの視力回復(2009年10月10日)
エピレーシックでの視力回復手術(2009年10月10日)
オルソケラトロジーでの視力回復方法(2009年10月10日)