Top > エピレーシックでの視力回復手術

エピレーシックでの視力回復手術

レーシックでの視力回復手術は、角膜の厚さが足りなかったり、眼に衝撃を受ける可能性のあるスポーツ選手などは受けることが出来ませんでした。しかし、エピレーシックという視力回復手術はそのような人たちでも受けられる方法になっています。

エピレーシックでの視力回復手術の特徴としては、フラップと呼ばれるフタを通常より薄く作成する事が出来ることです。エピレーシックで使用されるエピケラトームという機器によって、通常より薄いフラップを角膜上皮に作成します。

眼に衝撃を受けるスポーツ選手などが、この視力回復手術を受けられる理由としては、角膜上皮に作成されたフラップ自体が消失するため、ずれるという心配が無いからです。
エピレーシックはフラップがずれる心配もなく、角膜が薄くても視力回復が可能な手術ですが、術後に専用のコンタクトレンズを使用するというデメリットがあります。消失したフラップ部分に角膜上皮が完全に再生するまでの期間ですが、1週間程度は装着する必要があります。普通のレーシックに比べ、視力回復手術後の痛みがある場合が多く、眩しさを感じる事もあります。

エピレーシックは視力回復手術後に多少のデメリットがありますが、レーシックを受けたくても受けられなかった人には画期的な方法になっています。

 

 顔のたるみを解消  肌荒れの対策  髪の傷み
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ICLでの視力回復手術(2009年10月10日)
PRKでの視力回復方法(2009年10月10日)
ウェーブフロントレーシックでの視力回復(2009年10月10日)
エピレーシックでの視力回復手術(2009年10月10日)
オルソケラトロジーでの視力回復方法(2009年10月10日)