Top > オルソケラトロジーでの視力回復方法

オルソケラトロジーでの視力回復方法

オルソケラトロジーと呼ばれる視力回復は、寝ている間に治療が行われるという方法になります。コンタクトレンズを使用し、視力回復を行うのですが、通常なら生活している間に装着するレンズを、寝る時に装着する点が特徴になっています。

レーシックなどの視力回復手術はレーザー治療によって矯正するのに対し、オルソケラトロジーはレンズの形状に角膜を合わせて矯正するといった方法になります。寝ている間にレンズを装着し、角膜に圧力をかけて視力回復を図るという治療なので、少なくても6時間の睡眠が必要とされます。オルソケラトロジーでの視力回復にはある程度の時間がかかり、最初の内は短時間しか矯正の効果が持ちませんが、続けていくうちに効果が持続し、一定の視力が保たれるようになります。一定の視力回復が保たれれば、レンズの装着をする必要もなくなります。

レーシックなどの視力回復手術と違い、オルソケラトロジーは眼にキズを付ける事はないため、感染症や副作用と言った心配もありません。しかし一般のコンタクトレンズ同様、不衛生にしていたり、正しい装着をしていないと、角膜炎などを起こす可能性もあるので注意が必要です。オルソケラトロジーは医師の指示に従い正しく装着していれば、とても危険性の少ない視力回復方法となっています。

 

 簡単ダイエット  顔の脱毛  増毛・育毛
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ICLでの視力回復手術(2009年10月10日)
PRKでの視力回復方法(2009年10月10日)
ウェーブフロントレーシックでの視力回復(2009年10月10日)
エピレーシックでの視力回復手術(2009年10月10日)
オルソケラトロジーでの視力回復方法(2009年10月10日)