Top > PRKでの視力回復方法

PRKでの視力回復方法

視力回復手術でレーシックと呼ばれる治療方法は、一般的にレーザーを使った手術の事を言います。PRKと呼ばれる視力回復もレーザーを使用しますが、レーシックで作られるフラップなどの作成はせずに矯正を行う方法になります。PRKはレーザーを使用するため、レーシックと分類される場合もありますが、クリニックによっては別の視力回復方法とされている場合もあります。

PRKでの視力回復方法は、角膜上皮を除去してレーザー治療を行う場合と、角膜上皮も一緒にレーザー治療を行う場合の2通りがあります。どちらの方法でPRKでの視力回復が行われるかは、医師と患者の判断となります。その後の治療は両方とも同じになり、エキシマレーザーによって角膜を削り、視力回復の為の矯正をしていきます。

レーシックと呼ばれる視力回復の場合、この後にフラップを作成するのですが、PRKはコンタクトレンズの装着を行います。角膜上皮が完全に再生されるまでコンタクトの装着が必要で、4日間から1週間ほどかかります。

PRKはフラップを作成する視力回復に比べ、視界が良くなるといったメリットがあります。PRKは昔の視力回復方法と思われがちですが、エキシマレーザーの進歩と同じように、治療の精度も高くなっています。

 

 週末頭痛  キタカ  マタニティマーク
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ICLでの視力回復手術(2009年10月10日)
PRKでの視力回復方法(2009年10月10日)
ウェーブフロントレーシックでの視力回復(2009年10月10日)
エピレーシックでの視力回復手術(2009年10月10日)
オルソケラトロジーでの視力回復方法(2009年10月10日)